ジャズギター講座

簡単なジャズブルースの弾き方

上手い人だけが知っているペンタの秘密!

生徒さんとのやり取りで、こんな事がありました。

小暮「今日は何か知りたいこととか、やりたいこととかありますか?」

生徒さん「マイナーペンタとメジャーペンタの使い分け方を知りたいです」

私はペンタトニックを使い分けて弾くと言う概念がほとんどなく、話を聞いてみるとどうやら、ジャズブルースを弾くうえで、マイナーとメジャーペンタトニック弾き分けないといけないと思っている様子でした。

1度の所でメジャーペンタ、4度の所でマイナーペンタ、12小節のうち最後の4小節がマイナーペンタという感じです。

小暮「ジャズブルースは簡単なフレーズを知っているだけで弾くことができるんですよ」

生徒さん「そうなんですか?」

そんな感じのレッスンをして、とても効果がありましたので、紹介してみたいと思います。

そもそもスケールを弾き分けると言う事は、正しいことをやるかやらないかと言うだけの話で、合っているか合っていないかと言うだけの話になってしまいます。

それに、瞬時にスケールを弾き分けるのは、とても難しいと思います。

結果的に弾き分けている感じになる事があると言うだけで、そもそもスケールは音楽を理解するために使うものだと思っています。

世の中の音楽の学習の流れとして、以下のものが基本になっているように感じます。

①ペンタトニックスケールを覚えるフレーズを弾く

これは教わっている時は良いのですが、自分1人で考えることを停止している状態で、全然クリエイティブではないとも言えます。

本来は、以下の学習の流れが良いのではないかと思っています。

②ブルースを聴いて簡単なフレーズを弾いてみるどうやらペンタでできているみたい

こうして学んだものは、ポジションや弾き方などが間違っているかもしれませんが、むしろ個性になる可能性が高く、質の良い音楽につながりやすいと思います。

この動画では、私がコピーしてきた誰もが弾くような簡単なブルースフレーズを紹介しています。

トライしてみて下さい。

スイング時代の曲などを聞いていると、本当にたくさんの粋で小さなリフがあります。

いろいろ聴いてみてください。

もっと深く学びたいと言う方は、直接習いに来てくださいね!


B♭ブルースコードチェンジPDF
フレーズPDF