ジャズギターレッスン

フレーズひとつ覚えるだけで確実にうまくなる!

アルペジオなんかいらない?フレーズひとつ覚えるだけで確実にうまくなる!

 

よくこういう練習やってる人見たことありませんか?

アルペジオをつなぎ合わせて、パラパラと自由なように弾く。

一時的にするなら良いかもしれないけど、これを正解だと思ってやってる人って多いんじゃないでしょうか。

でもそんなものを実際の名プレーヤーの音源で聞いたことありませんよね?

誰もが通ってしまう道なんだけど、それ以上進めずに悩んでいる方も多いと思いますので、もちろん自分もそうでしたので、どのように克服していくかと言うことをお伝えしたいと思います。

フレーズはたった1つ覚えるだけでいいんですが、どんどんギアがシフトしていくのでどんどん途中から難しい内容なってきます。

最終的にこれをマスターすると仙人のようになれるかもしれませんので、ぜひ最後まで見ていただけるとうれしいです。

1.確実にフレーズを覚え、前後をなるべく自然になるように埋めていく。


まずはフレーズを覚えます。
これはオリジナルポジションで、基本形になります。
ドミナントで使えるフレーズです。YouTubeでは枯葉を例にして行っておりますが、自分の好きな曲で構いませんので、前後の音を自然に聴こえるように埋めていきます。


2.4つのポジションで前後をなるべく自由になるように埋めていく。

①1弦2弦3弦の組み合わせ

②オリジナルポジションの2弦3弦4弦の組み合わせ
こちらは第1ステップ参照

③3弦4弦5弦

④4弦5弦6弦

3.できる限り運指を変えて、前後をなるべく自由になるように埋めていく

①1弦2弦3弦の組み合わせ
この組み合わせはありません。

②オリジナルポジションの2弦3弦4弦の組み合わせ


③3弦4弦5弦

④4弦5弦6弦


4.スライドのテクニックを使う。2弦からのテクニックが中心

こちらは、フレーズに色気というかなんというか。。。そんな効果があります。
各自で試してみてください。

5.フェイクする

守破離」の「」の部分になります。覚えたフレーズをフェイクします。注意点としては、必ずオリジナルポジションをしっかり覚えてからやります。そうしないと、本当にメロディをコントロールできているのかわからなくなってしまいます。ジャズは完璧な演奏など存在しないので、基本的なことがとても重要になってきます。

6.あらゆるコードに対するフレーズに使える事に気づく

「守破離」「離」の部分になります。
今回はドミナント7thでやりましたが、メジャー7、マイナー7、ディミニッシュなどのどんなコードにも応用可能です。

 

7、仙人になる

あとは人里をれてギター仙人になってください!


PDFはこちら