初心者レッスン

超初心者の君へ!

超初心者の君へ!

〇〇する人は上達が早い!

結論から言いますと。覚えたものを人に教えると上達が早いです。

どんなジャンルでもそうだけど、覚えたものを人に伝えると、より自分の中でその知識が定着しやすいですよね?

では、なんでこんな動画を作ろうと思ったかと言うと、いくつか理由があります。

ちょっと深い話なんですが、ギタリストになるとしても、アーティスト活動の他にレッスンをする人がほとんどです。そうじゃないと食っていけないし、人に教える事で先ほども言った通り技術が定着しやすくなります。

僕自身、かなり長い間、いろいろな方にギターを教えさせていただいているんですが。

自分の中で、初めてギターを弾く人にどうやって教えたら良いのか?問題がありまして。

そのあたりをお伝えする事で、今後の若いギタリスト達の役に立てれば良いかなぁと思います。

教える事で、教わる事がたくさんあるんですね!

初めてギターを持つような人に教える場合には、ジャズもロックもフォークも関係なくみんな一緒なんです。

まずはオープンコードから覚えます。

ギターを始めて必ずと言っていいほど出てくるのがFの壁。

ギターは元々、伴奏する為の楽器です。

だから、コードを弾くのは当たり前のことなんですが。

けっこう早い段階で、Fが出てきちゃってつまづく。

なんでかなぁって考えたら、Ckeyで曲をはじめちゃうからなんですよ。

スリーコードってど聞いたことありますか?聞いた事なければごめんなさい。

3つだけコード知ってれば曲って弾けるんですよ。

基本コードって言うのは、7つ番号が振られています。

スリーコードって言うのは、1番目と4番目と5番目のコードの事を言います。

まず音楽は、ドレミファで始まるのでドであるCからはじめて、これを1番目のコードと考えます。
すると4番目のコードにFがきちゃうんです。
はい、弾けませんってなっちゃう。

ちなみに5番目はGです。
これは簡単。

問題はバーフォーム。

でもギターには、バーフォームを使わない、もっと簡単なコードで曲って弾けるkeyがあるんです。

それがAなんです。

Aコードを1番目のコードと考えると4番めはDコード、5番目はEコード。

これでほんとに曲ができるの?

出来ます!

あとは、動画でお楽しみください!

PDFはこちら